【今だけ】100円でオンラインヨガを受け放題!詳細はこちら ≫

市場売上No.1マヌカハニーブランド「マヌカヘルス」の偽物では?!本物と偽物を見分ける3つのコツ

マヌカハニー 偽物

こんにちは。Chill-time Blog(@chilltimeBlog_8)の妻ハチです!

マヌカヘルス社のマヌカハニーを愛して摂取し続けています。

数あるマヌカハニーの中で、なぜわたしが「マヌカヘルス社」にこだわっているのかについては、下記記事にまとめています!
あわせて読んでいただくとマヌカヘルス社のマヌカハニーの良さを分かって頂けると思います!
↓↓


今回はわたしの愛する「マヌカヘルス社のマヌカハニー」の「偽物」のような商品を見つめました。

偽物っぽいのに評価の★がたくさんついていて、
ショックでした。
そこで、
偽物と間違えないようにするためのヒントを書きました!

【免責事項】マヌカハニーの偽物のような商品について

おじぎ

わたしが直接販売店に電話して
偽物」と判明したわけではありません

あくまでも、
「この商品、本物じゃないような…」
「わたしならこのマヌカヘルス社のマヌカハニーは買わない」


と思うものを理由とあわせて紹介します。

スポンサーリンク

マヌカヘルスのパッケージとロゴの変更について

マヌカヘルス パッケージデザイン
引用:富永貿易㈱

左:旧パッケージ
右:現在パッケージ

マヌカヘルス社のパッケージは
2019年7月16日にパッケージリニューアルが行われています。

~パッケージ変更点~
◆全体デザイン:ゴールドと深いブルーでシンプルに
◆ロゴ:木のマークが若干変更
◆マーク:UMFとMGOの2つの認定マーク付き
など

※参考:富永貿易㈱

大きく変更があった点は、
以前は認定マークが「MGO」のみの表記だったのに、
「UMF」マークも表記されることになりました。

UMF・MGOについて詳しくは別記事「マヌカハニーの認定マークについて」を参照ください。



パッケージが明らかに違う場合は、旧デザインと新デザインの可能性があるので、パッケージのデザインで本物」か「偽物」かの違いの判断は私はしていません。

もしかしたら、販売元の画像が以前のパッケージの画像を使用していて、届く商品のパッケージがリニューアル後の新しいタイプという場合があるかもしれません。

もしくは、まだ以前のパッケージの在庫が残っているので、以前のパッケージの商品を販売している可能性があります。
(マヌカハニーの賞味期限は長く、未開封なら約2~3年後が賞味期限だったりします)

ただ、わたしなら、「旧デザイン」のパッケージ画像を使用している販売元では買いません!

理由は、
✔出来る限り賞味期限が遠い商品が欲しい
(古い商品は嫌)

最新パッケージの商品が欲しい

✔商品の見た目っが変わっているのに、商品画像を変えないのは商品販売意識の低い販売元では…

新しい商品を取り扱ってない販売元に見える

新デザインになったのは2019年7月なので、今でも古い商品画像を使っているのってどうなんだろうと疑問を感じます。

ハチ
ハチ

わたしなら、旧パッケージのデザイン画像を使用している販売元のマヌカヘルス社のマヌカハニーは買わないです。

スポンサーリンク

新パッケージなのに「UMF」マークがない!

マヌカヘルス 本物と偽物
©chilltime-Blog

現在の新デザインのパッケージには「UMF」マークが表示されることになったのです。
※UMFとは、「ユニークマヌカファクターはちみつ協会(UMFHA)」が使用している抗菌濃度の認定マーク正式なニュージーランド産を意味する重要なマーク。詳しくは別記事『マヌカハニーの3つ認定マークについて』参照。


しかし、上記の右画像のように、
新デザインのパッケージで「UMF」がついていないマヌカヘルス社のマヌカハニーの画像を載せて販売している会社がアマゾンや楽天に存在します。

マヌカヘルス社のマヌカハニーを愛するわたしからすると、
「これはどういうこと・・・?」
という疑問が浮かびました。

UMFやMGOのマークとその横に書いてある数字が、高質なマヌカハニーを選ぶ際にとても重要な意味となってきます。

なのに、「UMF」のマークは付けていないマヌカヘルス社のマヌカハニーなんて、注文して届くマヌカハニーが本物のニュージーランド産のマヌカヘルス社のマヌカハニーなのかどうか心配です。
(販売元の備考には正規ニュージーランド産の商品と記載がありましたが、信じられません。)


もちろん、わたしは「UMF」が表記されていないマヌカヘルス社のマヌカハニーを買ったことがないので、商品画像には「UMF」がないだけで実際に届いたら「UMF」が表記されている商品が届くかもしれません。
本当のところはわかりません。


わたしだったら、わざわざ新パッケージに「UMF」の表記のない商品画像の販売元でマヌカヘルス社のマヌカハニーを買いません。

ハチ
ハチ

新パッケージのデザインでしっかり「UMF」と「MGO」両方の表記があるマヌカヘルス社のマヌカハニーを買いましょう!

マヌカハニーの「HONEY」が違う!

HONIG

上記は衝撃の商品画像です。

よく見てください、

「HONEY」(ハニー)じゃなくて「HONIG」になってる!
MANUKA HONIG

ハチミツを
英語で言うと「HONEY
ドイツ語で言うと「HONIG

ある販売元はドイツ語「HONIG」表記のマヌカヘルス社のマヌカハニーを「正規ニュージーランド産のマヌカハニー」と言って売っていました。


確かに、マヌカヘルス社(ニュージーランド)はドイツの研究者トーマス・ヘンレ教授(ドレスデン工科大学)との共同でマヌカハニーの研究がされていました。
ドイツとマヌカハニーは関わりがあるのです。

ですが、ニュージーランドは英語が母国語の国です。
ニュージーランドやオーストラリアの大手薬局で売られているマヌカヘルス社のマヌカハニーも、「HONEY」と英語表記でした。


しかも、「HONEY」が「HONIG」になっているマヌカヘルス社のマヌカハニー画像には、先ほどの問題と同様「UMF」が付いていないのです。

HONIG

「HONIG」になっている上、UMFの認定マークもない

この画像は本物のニュージーランド産のマヌカヘルス社のマヌカハニーではないような

ハチ
ハチ

MANUKA HONEY」と「MANUKA HONIG」表記をしっかり見て、「MANUKA HONEY」購入したほうが良し!

スポンサーリンク

MANUKA HONEYの「A」にも注目!

マヌカハニーのA

写真のように、本物のマヌカヘルス社のマヌカハニーの「MANUKA HONEY」の「A」の上に横棒がついています。
なので、パッケージに普通のAがついていたら、本物じゃないので注意してください!

マヌカヘルス社のマヌカハニーの偽物と本物を見分ける まとめ

まとめると以下のような商品にご注意です。

わたしだったら下記の点が1つでも当てはまる商品画像を出している販売元では買いません。
※あくまでも私なら

旧パッケージの商品画像を載せている
✔新パッケージに「UMF」の表記がない画像
✔「MANUKA HONIG」となっている
✔「MANUKA HONEY」のAの文字に横棒がない

絶対にこれらの商品画像を出している販売元が「偽物」を販売しているとは限りません。

ハチ
ハチ

商品画像はこのような画像でも、送ってくる商品は正規品かもしれないです。

ですが、マヌカハニーは決して安くない商品です。

失敗をしたくないので、わたしだったらこのような商品画像を使用する販売元では買わないと思います。

販売していた時の商品画像が正しくても、届いた商品のパッケージに不信な点があったら、マヌカハニー開封前に確認するか返品するなどした方がいいと思います。

ニュージーランド産のマヌカハニーは奥が深く、
オーストラリア産のマヌカハニーは偽物」と言う人もいます。
(これに関して賛否両論。詳しくは別記事の『ニュージーランド産とオーストラリア産マヌカハニーの違い』参照)

なので、マヌカハニーを購入する前はある程度調べることをおすすめします!
以下に当サイトが調べた「マヌカハニーについて」をご案内してますので、興味があったら是非チェックしてください↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました