【今だけ】100円でオンラインヨガを受け放題!詳細はこちら ≫

オパール美容液でニキビが増える人がいる理由【口コミや正しい使い方】

悩む人
悩む人

オパール美容液はニキビが増えたという口コミがあるけれど、実際にどうなのかな?

どうにかしてニキビのない綺麗な肌にしたい!

今回は「オパール美容液でニキビが増える人がいる理由」についてです。

わたしの体験談と、他の人の口コミも比較しながら、実際の美容部員さんへのインタビュー結果も紹介します。

ニキビ対策でオパール美容液を考えている方はぜひチェックしてみてください。

オパール美容液の基本情報については別記事を確認ください。
参考記事 オパール美容液の基本情報で理解を深める!

ニキビが増える理由は「オパール美容液のデトックス効果」

オパール美容液は危険?

オパール美容液の使い始めは、「オパール美容液のデトックス効果」でニキビが増えることもある、とオパール美容部員さんは説明しています。

特に利用を開始時は、肌に蓄積された不純物がたくさん排出され、ニキビができやすい仕組みです。

実際に、利用者の口コミをみていきましょう!

【利用者の口コミ】オパール美容液の使い始めは「ニキビが増える人もいる」

オパール美容液を使った方の口コミは、良いコメントが多いですが、「ニキビができた」という口コミも見つけたので、ピックアップしました。

mixi
mixi

ニキビ肌でオパール美容液を使ったら増えた。

それでも使い続けたら、なんとニキビがなくなって正常肌になった。

mixi
mixi

オパール美容液を使う前よりもニキビが増えているような…

このまま使い続けるか迷う。

コスメサイト
コスメサイト

何をしても消えないニキビが、オパール美容液で1日目から改善された

オパール<br>美容部員
オパール
美容部員

オパール美容液の使い始めは、ニキビができる人も稀にいます。

理由は、オパール美容液はデトックス効果があるためです!

肌の内側に働きかけ、不純物や老廃物を外に出してくれます。
その不純物がニキビとしてでることがあるのです。

使い続けていくと、健康肌になりニキビができにくい肌になります。

【私の体験談】オパール美容液を使ってすぐに、ニキビや跡が治った

ハチ
ハチ

わたしは生理前にニキビができやすく、それを潰して赤い跡が消えず悩んだときにオパール美容液を使用しました。

わたしの場合は、ニキビは治る一方で増えませんでした。

なので、全員が使い始めはニキビが増えるわけではないです。

ニキビへの効果
ニキビにオパール美容液を含ませたコットンを当てると、ヒリヒリ染みて浸透している感じがあった。
ニキビは3日間で薄くなり、1週間後には綺麗に!

跡への効果
ニキビ跡に塗布しても全くヒリヒリしませんでした。
なので逆に浸透しているのか心配に。
ニキビより遅く、1週間と3日ほどで薄くなりました。

わたしの場合はニキビへの効果は割と順調で、オパール美容液がニキビへ浸透している感覚があり、使うのが楽しいです。

オパール美容液を「続けるか辞める」か見極める基準

オパール美容液続けるかやめるか見極める基準

オパール美容液を使用してニキビができても、「デトックス効果」で外に不純物が出ている現象なので、続けることをおすすめします。

しかし、「1ヶ月、2ヶ月経っても肌荒れが続く」場合はそもそも肌に合っていない可能性も!

肌の様子にもよりますが、わたしなら下記の基準でオパール美容液を「続ける・続けない」を判断します。

ニキビに塗布しても、他の箇所からニキビが出て増える状態
⇒使用を1ヶ月は続ける

2週間程度ニキビに塗布しているのに全体的に肌荒れが悪化する
⇒使用を続けない

ハチ
ハチ

塗布した箇所のニキビがマシになるなら、それは効いている証拠。
他の箇所に現れたニキビは、好転反応だと思ってオパール美容液を続けてみます。

2週間程度続けても肌荒れが酷い状態になったら、肌に合わないと判断し、使用をやめます!

(あくまで、もしわたしならです)

オパール美容液はニキビに染みる

オパール美容液はニキビには染みる

ニキビにヒリヒリと染みる感じがありましたが、しっかり完治しました。

潰してすぐのニキビにはもっとヒリヒリ感がありましたが、痛いほどではなかったです。

「自分に合うか不安かも」という方は、1番小さいサイズ「オパール美容液70ml」を使ってみてください。

オパール美容液が染みる箇所で体の不調な部位がわかる

ヒリヒリする箇所で体の不調がわかる
ヒリヒリする箇所と体のトラブルの関係

なんと、オパール美容液を塗布して染みる箇所は、内蔵の不調にも関係しています。

下記は、オパール美容液を塗布して染みる箇所と体の不調の関係性です。
(参考:上記画像)

髪の生え際 ⇒ 首・喉が弱い、アレルギー症・過敏症

おでこ ⇒ ホルモンバランスの悪化

目の周り・鼻の下 ⇒ 生殖腺、腰の冷え、子宮・卵巣系の不調

目の下 ⇒ 副腎が弱い

鼻の頭 ⇒ 代謝不良、胃が弱い

頬骨 ⇒ 肝臓が弱い、睡眠不足

口の周り ⇒ 粘膜が弱い、疲れやすい

あご ⇒ 腸が弱い、冷え性

参考資料:上記画像

実際に、わたしはニキビだけでなく「おでこ」が毎回ヒリヒリしました。

ヒリヒリしても、温まる感覚があるので、「効いてるんだろうな」という気持ちです。

ヒリヒリすることの心配よりも、「内蔵のここが悪いのかぁ」と感じながら使用しています。

匂いがキツイ人と思う人は自律神経が弱っている!

匂いがキツイ人は自律神経が弱っている

オパール美容液は口コミで「匂いがキツイ」というコメントがあります。

「アルコール臭」「匂いがおばあちゃんち」などの例えがあり、初めて使うときどんな匂いなのか楽しみでした。

しかし、特に気にならない程度で、口コミと違うため拍子抜けしたのを覚えています。

匂いの感じ方が違う件についても、オパール美容部員さんに聞いてみました。

オパール<br>美容部員
オパール
美容部員

オパール美容液の匂いがキツイと感じる人は、自律神経が弱っている可能性があります。

ハチ
ハチ

匂いは口コミほど感じなかったので、わたしは健康ということか!

肌によって3パターンの使い方!

スキンケア

オパール美容液は、「健康肌」「少し肌が弱い人」「肌が弱い人」で使い方が異なります。

「オパール美容液が効かない!」と思うことがないように、自身の肌に合った使い方が大切です。

健康肌の方は直接コットンへ染み込ませる

正常肌
▶︎ 通常の洗顔後、コットンに500円玉くらいのオパール美容液を染み込ませる
▶︎ コットンを顔全体にパタパタして浸透させる
▶︎ 通常の化粧水や乳液で仕上げる

少し肌が弱い人はコットンに水を染みこませてから

少し肌が弱い人
▶︎ 通常の洗顔後、コットンに水を含ませてからオパール美容液を1・2滴含ませる
▶︎ コットンを顔全体にパタパタして浸透させる
▶︎ 通常の化粧水や乳液で仕上げる

肌が弱い人は濡れた手に1滴垂らす

肌が弱い人
▶︎ 通常の洗顔後、顔と手が濡れたまま、手にオパール美容液を1滴垂らす
▶︎ 手のひらをなじませて顔を包み込みオパールを顔に馴染ませる
▶︎ 通常の化粧水や乳液で仕上げる

オパール<br>美容部員
オパール
美容部員

オパール美容液は肌の中に働きかけるので、どの肌の人もオパール使用後は、化粧水や乳液で肌表面を整えてください。

【最後に】オパール美容液を使い続けて、ニキビや跡が治った話

オパール美容液の使い始めはニキビができる場合があるけれど、続けることで正常な肌になります。

最初1~2週間は様子を見てみましょう!

肌により効果に違いはありますが、私を含めてニキビへ効いている人がいるのも事実です。

他のアイテムでニキビ肌を解決出来なかった方は、試してみる価値は絶対にあります。

ハチ
ハチ

以上、オパール美容液でニキビや跡が治った話!でした。

オパール美容液の基本情報で理解を深める」でよりオパール美容液の良さを実感してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました