【今だけ】100円でオンラインヨガを受け放題!詳細はこちら ≫

ネイティブ英語で「chill」とは?若者言葉「チルする」徹底解説

こんにちは。Chill-time Blog(@ @chilltimeBlog_8 )の妻ハチです!

最近「チルってる」や「チルしてる」など「チル」を使った言葉をネットで見かけることはありませんか?

これは、英語「chill」や「chill out」から来ている造語です。
ネイティブ英語でも「chill」や「chill out」は日本語の「チルする」と同じ意味です。

わたし達のブログ「chill-time Blog」もネイティブ英語の「chill」から名付けています。

今回のブログでは、ネイティブ英語での「chill/チル」の意味と使い方を紹介します。

ネイティブ英語「chill」の意味と使い方

ネイティブ英語的に、日常会話で「chill」はくつろぐ、落ち着く、リラックスする(動詞・形容詞)などの意味があります。

若者言葉(スラング)として使われています。

「chill」単体で使うこともありますし、「chill out」や「chilling」などと使われることも多いです。
動詞としても形容詞としても使われています。

ネイティブ英語での使い方
【動詞】
「chill」「chill out」
落ち着く、ゆっくりする、ダラダラする、くつろぐ

「chill out」
遊びに行く (同義語 hung out, meet up)

≪例≫
I wanna chill out tonight.
(今夜はゆっくり過ごしたい)

I’m just chilling now.
(今はダラダラしているよ)

Chill out, man!
(落ち着きなよ!)

Let’s chill out with me.
(一緒に遊びにいこう)

また、形容詞も同じような意味の使われ方です。

ネイティブ英語での使い方
【形容詞】

「chill」
落ち着いている のんびりした

≪例≫
I spend the chill time in the bath.
(お風呂でのんびりしている)

My home is really chill spot.
(家が落ち着く場所です)

当ブログは「chill time Blog」なので、「ゆっくりした時間を過ごせるブログ」、「暇なときに楽しむブログ」、など「チルタイム」に覗いてみて欲しいブログなのです!

辞書英語「chill」の意味と使い方

実は辞書で引くと、「chill」は落ち着く、のんびりするなどで出てこないこともあるのです!
辞書のままで直訳だと、「chill」は「冷える」「冷やす」「ひんやりとした」など動詞・形容詞・名詞の使い方もするので注意です。

辞書での使い方
【動詞】【形容詞】【名詞】
「chill」

~を冷やす(動)
ひんやりとした(形)
冷え(名)


≪例≫
chill the meat
(肉を冷やす)

It’s chill in the air today.
(今日はひんやりした空気です)

このように辞書的には全然違う意味が出てくるのです!

もちろん「冷やす」という意味の「chill」も日常的に使われます。
よく使うシチュエーションとしては、レシピの中で使われます。

例えばレシピの中で「5分冷やしてください」などという指示の時は、「chill five min」など辞書的の意味の「chill」になります。

また、よく「チルド食品」などと日本語でいいますよね。
これは「chilled food」からきているので、辞書的な意味の「chill(冷えている)」です。

「chill」についてのまとめ

ネイティブ英語での「chill」と、辞書的英語での「chill」は全く違いますね。

ネイティブ英語「chill(くつろぐ)」は若者言葉(スラング)なので、辞書にはあまり載っていないのかもしれません。
スラングを知っていないと、会話で理解できなく混乱するので、ぜひ「chill」=「のんびりする、くつろぐ」なども日常で使ってみてください。

また、インスタグラムでも「#チル」や「#chill」なんかが流行りみたいなので、見つけたときはスラングの「chill」だと思ってください。

レシピで「chill」を見つけたときは「冷やす」という意味が多いので、お気を付けて!

コメント

タイトルとURLをコピーしました